PCの画面に広告が『コンピューターでウイルスが検出されました。』と出て消えない(マルウエア)

昨日は直方市のお客様のNEC製のノートパソコンにて、PCの画面に広告が『コンピューターでウイルスが検出されました。』と出て消えない迷惑広告(マルウエア)駆除を行いました。

今回のケースですと

  • ホームページを開くのに時間がかかる
  • パソコンを修理するソフトの購入ページが何度も表示される
  • PCの画面に広告が『コンピューターでウイルスが検出されました。』と出て消えない迷惑広告がでる。

等の現象が見られました。

確認してみますと、まずホームページのリンク先を詐欺広告ページのリンクへ書き換えるマルウェア(迷惑ソフト)が開いたページのリンクをすべて書き換えている為時間がかかり、その後何かクリックするたびに迷惑広告が出てしまうという状態でした。

また悪質なのはルートキットと呼ばれるウィルス対策ソフトからウィルスを隠したり、ウィルス対策ソフトに引っかからないように隠れてウィルスの侵入を手助けする迷惑ソフトが侵入しており、『トロイの木馬』『Zbot』『WordShark』などなど計10個以上のウィルスに感染しておりました。

通常はOSの再インストールなどでHDDを一度上書きしウィルスを消去する方法をとりますが、今回はインストールされているソフトのの関係から初期化出来ない事情があり、ウィルスの駆除のみを行う対応を行いました。

結果インターネットのスピードも戻り、広告の表示もなくなりました。

侵入経路としては『JAVA』のバージョンがかなり古く、そのセキュリティホールを突かれての侵入、また海外製のフリーソフトに同梱されていたルートキットの侵入をきっかけとした二次感染と思われます。

作業費用に関しては

迷惑広告ソフト・ウィルスの削除費用 6800円(税込み)

で対応いたしました。

OSの再インストールに関しても同額で承っております(OS初期化のみ、データの復元等は別途)
OS再インストール前に避難したデータの復元も含めての作業となりますとバックアップするデータの量(HDD容量500GBまで、それ以上は別途お見積り)にもよりますが、概ね1万2千円前後で承っております。

年賀状作成訪問サポート(直方・宮若・鞍手・小竹・八幡西区一部地域は出張費用無料)

年賀状作成訪問サポート(直方・宮若・鞍手・小竹・八幡西区一部地域は出張費用無料)

毎年多くの問い合わせいただいております『年賀状作成訪問サポート
今年は通常の訪問サポートとは別に、通常のサポート料金よりお安く年賀状作成のレクチャーをお宅に訪問して行う期間限定のサービスをご用意いたしました!

【サポート内容&料金】

年賀状制作ソフトの使い方がわからない方向けに、1時間以内なんとサポート費用 5,000円!でお使いのパソコン、インストールされている年賀状ソフト、お使いのプリンタを使って年賀状の使い方を訪問レクチャーいたします。

もし今年新たにパソコンやプリンタを買い替えてソフトやプリンタの設定がまだ出来てない方も安心!1時間以内であればそれらの作業も5,000円に含みます!

ホームページ制作・パソコンサポート・修理のお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは0120-335569まで!

【サービス特典】

  1. 直方・宮若・鞍手・小竹・八幡西区一部地域は出張費用無料!(サポート費用は5,000円必要です、左記地域以外の北九州・筑豊地区は1,000円、その他地域に関してはhttp://hi-kick.jp/consultant/support-area.htmlをご覧ください。)
  2. パソコンやプリンタ買い替えの際の各機器の無料接続設定サポート
  3. 年賀状ソフトがない場合は郵便局が提供するはがき作成ソフトをインストール・設定いたします(ご利用にはインターネットが必要です)。
  4. 時間内であればパソコンやインターネットに関するご相談も無料でお答えいたします。(年賀状ソフト以外のソフトの設定やウィルスの除去など実作業を伴うものは対応できません)
  5. 訪問サポート後も2015年12月29日までは年賀状制作に関するお悩みのメール・お電話でのサポートを行います、また期間内リモート設定サービス(インターネットを使用してお客様のパソコンを遠隔操作し問題の解決を行います)も無料で1回ご利用いただけます

【サービス提供期間】

2015年12月1日~12月29日まで

【営業時間】

平日10時~19時まで
もしお仕事などで上記以外のお時間希望の方はご相談ください。

【お支払方法】

当日現金もしくはクレジットカードでお支払いください。
請求書などの後日のお支払いは対応しておりません。

ホームページ制作・パソコンサポート・修理のお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは0120-335569まで!

office365にログインできない

Office365に正しいID(ユーザ名)とパスワードを入力してログインできない。

Office365にログインしたいがID(ユーザ名)とパスワードを入力してもログインできない場合。
一番考えられるのはIDとパスワードの間違いかと思いますが、間違えが無くてもログインできない場合があります。

ユーザ名とパスワードが間違ってないのにログインできない場合

Office365のサーバが混んでいるなどでログインできない場合もありますが、ログインの際にインターネット検索(今回の事象はGoogleから)を行い、表示されている検索結果からログインを行う場合

https://login.microsoftonline.com/login.srf?****************

のようにURLがとてつもなく長いものとなっているかと思いますが

https://login.microsoftonline.com/login.srf?

URL最後の「」以降(例で****************となっている部分)はログインの際にいろいろな情報を半角英数の文字列(パラメーター)で渡している部分ですので、ログインしているユーザとパラメータ部分の情報がうまくかみ合わない場合(パラメータ的にはある機能を有効にしようとしてもユーザ側にそのような権限がなかったり)は

サインイン時に問題が発生しました.

のようなエラーが表示される場合があるようです。

なのでログインの際は「?」以降を削除した
https://login.microsoftonline.com/

のようにパラメータを使用しないシンプルなURLにアクセスしてログインを試してみてください。

パスワードをコピペしている場合は注意!

あと良くありがちなものにメモ帳などに控えたパスワードにスペース(空白)が入っていたり、改行文字が入っていたりすると認識されませんので、一旦別のテキストエディタ等で張り付けて不要な文字が混ざってないか確認してみてください。

それでもログインできない場合は契約の確認を

もし会社などでoffice365のアカウントを購入している場合は、社内のアカウント管理者にアカウントが有効か確認を行ってください。
(office365は月額もしくは年間払いでのサブスクリプション[従来の言い方ですとレンタル制]で買い切りのソフトではない為、契約期間が切れている場合や、アカウントの割り当てが契約を超える場合は使用できない場合もあります)

最終手段はパスワードのリセット

もしそれら契約が有効でもログインできない場合は
https://passwordreset.microsoftonline.com/
からパスワードをリセットする事も可能です。

ただこちらも会社などで契約している場合は各個人でパスワードのリセットが許可されていない場合は変更できませんので
やはり管理者に依頼しパスワードのリセットを行っていただく形となります。

新品パソコン取り扱い開始しました。

これまでは中古パソコンのみの取り扱いでしたが、4月より新品パソコンの取り扱いも始めました。
弊社でご購入いただいた場合はパソコンのセットアップは無料で行います。

価格などお気軽にお問い合わせください。

パソコン取り扱いメーカー

  • TOSHIBA
  • NEC
  • Lenovo
  • Acer
  • Panasonic
  • HP
  • ONKYO
  • ASUS

などなど、その他のメーカーに関しましても在庫のある場合もございます。
お気軽にお問い合わせください。

WordPressのテーマ「Modern」のフッター表示を変更する

アイキャッチ画像がタイル上に並んで見栄えもいい、Wordpressのテーマ「Modern」

 themedemos.webmandesign

必要最小限の設定で使えて見栄えもよく、個人的にお気に入りなのですが、インストール直後のフッターに「Powered by WordPress. Theme by WebMan Design.」の表記があるので消そうとfooter.phpを確認するも記述が無く、では関数の中かとfunction.phpを探すも、こちらはただ関数の関連付けやテンプレートファイルの定義のみで、関数そのものをていぎしているわけではなさそう・・。

そこでいろいろ調べていると「Modern」の開発元のフォーラムで解決方法を発見。

「How do I get rid of “powered by WordPress”??」

こちらでは解決方法として

「function.phpにwm_my_credit_info()という関数を追加して、そこにフッターの記述を行いwmhook_wm_credits_outputフィルターで追加してください」との事でした。

サンプルとしては下記のとおり

function wm_my_credit_info() {
 return 'フッターに表示されるテキスト';
}
add_filter( 'wmhook_wm_credits_output', 'wm_my_credit_info' );